すぐ近くに出身大学がどんと控えているというのは何かと心強いものです。

いくら臨床に精通してきても難しい判断を余儀なくされるということはあるものです。

最後の判断は公平な判断を期待して大学へというのは開業医の常識です。

これをおろそかにして自分勝手な判断をするからあとで面倒なことになるのです。

今や大学病院は後輩しかいなくなりましたがそれでもたくさんの診療科がありますので

必要とあれば医科にお願いすることもできるのが東北大学病院の良い所です。

 

卒業すると皆大学からは距離を置きますがそうであってはいけません。

大学も地域医療の担い手として開業医とのコンタクトをいつも願っているのです。

どんどん紹介しましょう。