安倍総理の体調が芳しくなく辞任の意思を国民に表明して一日経ちました。

 

クルクルパーという意味のルーピー鳩山をはじめとしたどうしようもない左翼政権の後、

がたがたになった日本経済を立て直し、妥協ばかりを強いられ屈辱の関係にまみれた

中国と韓国との関係を正常化させた功績は極めて大きい。

 

政治家の二世三世の害ばかりをあげつらう者は多いが、

それはたいして功績をなさなかった政治家に限られる。

 

親・親戚等の身の回りに国を動かす立派な政治家がいた場合は当てはまらない。

田中真紀子は別だが(笑)。

 

戦前からの内務省官僚で戦後も日本の国際的な地位の確立に多大な貢献を成し遂げた岸信介。

その膝の上で育った安倍晋三には父の晋太郎に数倍勝る資質があったと言えよう。

 

左巻きの芸人やら政治家がこの期に及んでも悪口を言い放っているのは人として極めて醜い。

また退任表明で質問した記者で長年の労をねぎらったものがただ一人だったと言うのは、

情けないを通り越して呆れるほかはない。

世界各国の首脳が一様にねぎらいの言葉とその功績をほめたたえているのに、だ。

特に朝日新聞と東京新聞。これらははなから確信犯。

 

日ごろ人権や弱者救済をわめきたてている連中が、

病気で退任する総理をこれでもかと叩いている構図は異常を通り越して病的。

 

これら左翼のダブルスタンダードは、国民の呆れた目にさらされていた、

と言って間違いないでしょう。

頑張れ。三度目も期待するぞ。