骨吸収が激しく途方に暮れる症例であっても造骨を行いながら綺麗にできる患者さんもあります。これは大学では手をつけないこと間違いなしの難症例!下顎は神経に接するほどの骨吸収に上顎は残根周囲に全く骨がありません。下はストローマンのショートインプラントをノーベルガイドで設計して埋入し、上顎はGBRで骨を造成しながら二回法でバイオホライズンを入れました。半年後にスターゲイトシステムで上部構造を作成し、ジルコニアの綺麗な歯が入りました。完成したのがこちらです。

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e5%8d%9a%e5%ad%90%e5%88%9d%e8%a8%ba

初診時

%e6%9d%be%e6%9c%ac%e5%8d%9a%e5%ad%90%e5%ae%8c%e6%88%90

完成時

%ef%be%8f%ef%be%82%ef%be%93%ef%be%84-%ef%be%8b02

初診時の上顎

%ef%be%8f%ef%be%82%ef%be%93%ef%be%84-%ef%be%8b01-3

完成時の上顎

患者さんがとても喜んでくださいました。入れ歯から解放されたのは大きいですね。