数年前から大先輩に連れられて東京のジャズ喫茶巡りをしています。

さすがに大都会ではそこそこの音を出している店もあり、時折ほうと感心もしますが

大半は高価な外国のオーディオ機器をそろえただけの自己満足。

音も演奏も大したことはありません。

そんなに大きなリアルな音が欲しければ、自分でドラムを買ってきてたたけばよろしい(笑)。

所詮は缶詰音楽です。

これはクラシックでも同じ。楽器の音色は絶対再現できません。雰囲気だけ。

いまだにおしゃべり禁止の店がありますが、まあいいでしょう。

 

一方で県内のジャズ喫茶を友人とまわってみましたが、まず一様に部屋が汚い。

音の拡散吸収に役立つのか?雑多のガラクタが所狭しと店の中に鎮座しています。

部屋が汚いと音まで汚く聞こえるのは不思議です。

 

今度行ってみようと思っているところは運動会で使う拡声器をスピーカーの片方に使用中。

ネットでお仲間は、常識にとらわれない超絶の音!とほめ殺していますがさあどうでしょう。

 

出来るだけ褒めまくって帰ってきたいと思います(笑)。

これが社会常識。他人をくさしてはいけません。