勉強会を開催してもう数年になるが初診者ではとても手に負えない難しい患者さんの骨造成などをお願いされることが多い。

難症例でも半年ほどでインプラントができる状態になるのだがその後が難しい。

インプラントはもう初心者でもできるようになっているのだが患者さんが紹介医に戻らないのだ。

もう大丈夫ですからお戻りくださいと申し上げても何とか先生のところで最後までとおっしゃる方が少なからず出てくるのには参ってしまう。

しかし、はいそうですかというわけにはいかず前医との信頼関係を壊さないために非常に苦労する。

とにかく一度先生とお話をしてそちらで治療してくださいと言うのだがどうしてもと言われるとこちらから紹介医に連絡を入れさせていただいて不本意ながら診療をさせていただくことになる。

どの商売でもお客を横取りするのはご法度だからこれは商道徳上きわめてまずいことだ。

ご紹介いただく時は小生がその医院にお邪魔して補助をしながら手術をするのがいいと気付き最近は必ずご依頼の歯科医院に伺うことにしている。

こうすれば患者さんは慣れた先生にずっと見ていただいていることになり八方うまく収まることになる。

この方針で皆さんどうかよろしくお願いいたします。