北海道の武漢ウイルス感染者が急増している。

 

原因ははっきりしている。観光で冬に訪れる中国人観光客の数だ。

 

サラサラで雪の質が良い北海道は外国人のスキー客に大人気。

当然大陸からもわんさと来るし一部の金持ちは水源も含めて広大な土地を買い占めてもいる。

 

だから逆に山陰地方は感染者はいないし富山や新潟もないだろう今のところ。

 

これからものすごく出るのは由布院や博多、京都や奈良などの観光地だろう。

道路を所狭しと占領する中国人観光客はこれらの観光地に見慣れた光景だ。

 

一方で我が宮城県は観光地が何もない。せいぜいちゃちな松島と青葉城。それに蔵王くらい。

だから中国人観光客が来ないし結果的に安全だともいえる(笑)。

今仙台に来ているのはマスクの買い占めに来た不良外国人だけ。

 

福島は放射能が怖くて寄り付かないし、岩手や山形も倒産した百貨店ぐらいしか見るものはない。

 

当地は観光地がなくて本当に良かったです(笑)。

秋保温泉の大きな旅館では1800件ものキャンセルがあったそうです。

国の自粛要請でお客はさっぱりだとか。

中国に損害賠償請求しないといけませんね。