先日離れて開業している同級生のS君から骨造成の依頼を受けた。

2か月前に当院でCT撮影を依頼されお返事は差し上げていたのだが骨がどうにも狭く何か手段を講じないとインプラントが不可能な症例だった。

対応はマグネチックマレットで広げるかGBRで骨を造成するか自家骨を切ってきて張り付けるかの三つ。

自家骨移植は手術部位が二か所になり腫れも出るので避け造骨材とメンブレンを使ったGBRにした。

6ヶ月後に同級生のところでインプラントしてくださいねと言って終了となったがこういうのはいい。

依頼者と信頼関係が既に成り立っているからでそうでないといろいろトラブルになる恐れもある。

良い先生から依頼された良い患者さんばかりが来ることを今日も願っています(笑)。