先週の土曜日ホテル江陽で恒例の東北大学歯学部の新年会が行われました。震災以降無料だった会費が今回から5,000円と徴収することになりました。いよいよ財政がひっ迫した模様です。あまり面白くないも挨拶が長々と続いてやっと乾杯になりました。日本人の会ではユーモアが足りませんね。外国ではどんな会でも最初に面白いことを言って場を和ませるのが慣例となっています。堅い話のままではスムーズに会話に入っていけないのです。研究科長のあいさつの中で東北大学が文科省の選定する日本を代表する3大学のひとつに選定されたそうです。重点的に予算を配分されますます研究に拍車がかかるようで嬉しく思います。

新年会には名誉教授がお二人参加されました。同級生で教授のS君も今年3月に退官で来年からは名誉教授で参加と言うことになります。月日のたつのは早いものです。高校の同窓会でもいつの間にか記念写真では最前列の真ん中付近に座るようになりました。元気なうちにはなるべく参加し先輩のお顔を拝見してパワーをいただきたいと願っております。ところで同級生で途中で1年余分に勉強したK君と43年ぶりに!同じテーブルで会いました。お互い老けたなあと思ったことでしょう。彼はたしか家庭教師をしていた女子中学生といろいろあったようななかったような(笑)。昔のことです。