先週の金曜日から大阪で開催された日本口腔インプラント学会に参加して来ました。初日の午後は専門医の教育講演があり大変良い内容のお話に感動しました。

終末期を迎えた患者さんのインプラント治療のメインテナンスには施設スタッフの口腔清掃や口腔の変化に対応した処置が必要ですが、多くの施設ではまだ対応できていません。歯科が医科並みに訪問診療をきちんとできるような体制がないと高齢者は不安なのです。私のところでも昔インプラントを行った患者さんで施設に入所されている方への往診を三か月ごとに行っていますが、これが普通にできるような保険上の仕組みを国はきちんと考えていただきたいのです。

雨の夜にタクシーで通天閣まで行き、安い定食屋でちらほら見られる外国人観光客と一緒に食事をして帰ってきました。先日の関空の事故で外国人がさっぱりだとタクシーの運ちゃんが嘆いていました。