12日から14日まで東京国際フォーラムで開催されました。

私は12日に専門医の教育講演があるので昼から出かけおびただしい受講者!とともに、6時半まで我慢を強いられました(笑)。

毎回思うのですがどうして日本の学会はこうも中身が無いのか。

横を見ても参加者はこっくりこっくりうたた寝をしています。皆単に単位を取るために出ているのです。

前週はノーベルバイオケアのシンポジウム2014がありましたがこちらとは講師の質が段違い。

口腔インプラント学会はいまだに地方のボスが実権を握っている田舎団体です。

これは欧米と異なり大学の中にきちんとした教育研究機関があまりにも少ないせいでしょう。

途中会員数の発表があり1万3千人を超えたそうですからすごい数です。日本で一番参加者の多い学会です。

でもペーペーからベテランまで満足させられる実りの多い学会になるのはいつのことでしょう。

やはり私は絶望して外国の学会に頼るほかはないのです。

来月は勉強会の先生方を引き連れてオーストラリアのシドニー大学でインプラントの実習コースを行います。

良い環境でしっかり教育してきたいと願っています。

20140918_implant_society-01

二日目の夜にアカデミーの仲間と食事をしました。村上先生が新丸ビルにある美味しいイタリアンのお店を予約してくれました。