医療労働組合連合会の調べで今年は四割強の病院診療所で冬の賞与が前年割れと言う。

夏も三割が前年割れで賞与を出せないところも出ている。

東京女子医大病院で夏の賞与なしに300人の看護師が退職希望となって慌てて国から支援が出た、

そんな話が世間をにぎわせていたのも記憶に新しい。

 

コロナ禍の受診抑制は想像以上のものがあり、開業医と言えども患者が来なければ日銭が入らなく

飲食店同様に干上がってしまう。

 

昔からの地域の診療所の閉鎖がこれから加速していくのかはひとえにワクチン次第と言える。

治療薬レムデシベルは無効だとWHOのテドロスが言い放っていたがこれはおそらく

中国に配慮した発言。テドロスが中国の傀儡だということはみんな知っている。

 

だからこの発言は中国発のワクチンや薬が出るまでの時間稼ぎだ、と大概の人間は考えている。