かねて周知の日本口腔インプラント学会指定講習会がいよいよ4月19日から始まります。

これは年12回をかけて日本口腔インプラント学会の認証医や専門医を受験する資格を得るための大変大事な研修会です。

これまでも全国にはいくつかの施設がありますがこの東北では第3番目の研修施設となります。

最近は全国的に学会の認定する専門医や認証医となるための若い歯科医師たちの研鑽が盛んです。

仲間たちと立ち上げていよいよこの4月から東北大学をはじめとする大学の応援を得て開始されます。

診断学は笹野教授、口腔外科学は高橋教授、解剖学は東京歯科大学の阿部教授とそうそうたる講師陣です。

私は副施設長として来年の2月まで6コマの講義を受け持ちガイド治療、リカバリー、症例検討、ライブオペとハードなスケジュールです。

初めてでどのくらい参加者があるのかと皆疑心暗鬼でしたが、蓋を開けてみれば心配は杞憂に終わり昨日の段階で18名もの参加があります。

他の施設は参加者が少なくて大変だという話を漏れ聞いていたのでこれは嬉しい誤算です。
私のライブオペですごい人数をどうしたらいいか今から頭が痛いですが大きなスクリーンを使って手元も良く見えるよう工夫しながらやる予定です。

来年の終了日にはみなさん一人前のインプラント歯科医師として胸を張って診療できるよう尽力していきたいと思います。ご声援をお願いいたします。