と言っても我が家のビンテージスピーカーのお話し。先日我が家に見えたオーディオ輸入業者の社長さんの手配でスピーカーユニットの大修理が始まりました。大きな200キロもあるスピーカーの裏ぶたを外しユニットをチェックすると明らかに劣化が見られました。何せ70年近く前に製造されたモノラルスピーカー。右と左でネジの数やユニットの置き方まで異なっていたのは御愛嬌です。一本で家一軒買えるくらいに高価なスピーカーだったそうですが年月には敵いません。今回は動脈硬化を起こして電気の流れが悪くなっていた部分をフルメインテナンスして若返りを図ります。

ビンテージ物は良かれと思って治してがっかりと言うことも頻繁に起こります。駄目もとで良いですから存分にやってくださいとお願いし、修理業者のストレスを軽くしてあげました。

3ヶ月後に再び元に戻し、成果を確かめる予定です。