入れ歯が苦痛でインプラントを希望して来院する患者さんが大半ですが、それでも入れ歯の需要は減ることはありません。

総入れ歯で難しいのは下の方で上顎と異なり狭い顎堤や舌の動きもあり安定した入れ歯を作るのに良い技工士の協力が欠かせません。

最近お願いしている技工所は入れ歯の安定のために新しい咬合採得、平たく言えばかみ合わせの決定に特殊な方法を採用し効果を上げています。

咬合採得時に左右のロウ提上に安定した咬合を確立するための器具を装着し、患者さんが気持ちよくかめる義歯が作成可能となっています。

たくさんある技工所ですが得意分野を生かして皆さん頑張っているのを見るのは心強いですね。