十歳上の大先輩と二十数年間欠かさず月一のランチタイムを持っています。大変優秀で且つ人柄も素晴らしく僧侶の資格もお持ちの方です。僧侶になったのは立派な人間になりたかったからだそうですが、素のままでも十分立派な聖人です。

今日は知り合いの日本料理店で一時間ほどお話しを伺いました。連休に台湾に行った話をしたら御子息は台湾フリークで、バイトで金を稼ぐと部屋をきちんと掃除してから台湾を放浪しているそうです。田舎に行った時日本人だとわかると村中の人が集まってきて自分の家に泊まってくれと懇願されるそうで素敵な話です。台湾も朝鮮も日本が統治をしていたところですが、台湾は昔の日本人の良いところがそのまま残っているのは毎年行っているので良くわかります。今年伺ったときに息子が来年歯科大学を卒業すると話したら、ぜひ自分の娘を貰ってくれと何人もの人に言われたのは何といえず嬉しい経験でした(笑)。

先輩はもう後期高齢者になり面倒なことはしないようになったと言っていて、今週インプラントの患者さんを紹介してくださいました。私が行って手術はやりますよと言ってもこちらでお願いしますと御紹介いただけます。早く息子さんが放浪の旅から戻って後を継いでくれるといいなと思いながら食事会を終えました。