kenkobyou_20110709_02

世は健康ブームで様々な健康器具やサプリメントが花盛りです。

私も一時期スポーツクラブに通いつめ健康に良いと言われるサプリをいろいろ試したことがありました。

それでも体重もさして変わりもせず大きな病気にもかかったので結局そんなものはすべて幻かインチキだと言う結論に達しすべてやめてしまいました。
確かに走った後の爽快感は何物にも代えがたいし、そのあとの一杯のビールもこの上なく美味しい(^^)

でも運動は必ず活性酸素を増やして身体の細胞を傷めつけ、ガンや心筋梗塞等の様々な病気の原因になると言うのもまた真実なのです。

それに気がついてからは無理な運動をやめて昼に一時間の散歩と炭水化物の摂取制限をすることで体重も減りすこぶる快調です。

kenkobyou_20110709_01

ブッダの教えに八正道と言うものがあります。

人が永遠の安らぎに至るためにどんな修業をしたらよいかその方法を示したものです。

これは、極端な考え方や生き方を離れて常にバランスのとれた”八つの修業道”をいうのですがそれらは、

正しい観察(見)

正しい思念(思惟)

正しい言葉(語)

正しい行為(業)

正しい生活態度(命)

正しい努力(精進)

正しい記憶(念)

正しい注意(定)

であると言っています。

最後の”定”は原語ではアディチッタといい優れた心と言う意味です。
お椀の中のビー玉は、お椀が不動にならなければ中心に静止することがないように身体がまず制御され、バランスがとれなければ心は定まらないと言う考え方なのです。

毎日の生活で物に執着する心を抑え平常心で生きればブッダの思想に限りなく近づけるのです。

無理な運動は身体機能を低下させるので心のバランスも崩れやすくこの点でブッダの思想は全く理にかなった健康法と言えるでしょう。
わたしはあえて激しいスポーツで体を鍛え上げることはせず暴飲暴食を避け軽い運動を生涯続けるのがいいと理解しています。
健康強迫症にかかっているスポーツクラブの方々には到底ご理解いただけないでしょうね(^^)