偉い人とは他人のために自己犠牲ができる人のことを言います。東大を出てもちっともえらくはありません。まあ努力は敬服しますが個人的なことなのでそれだけのことです。

二歳の子供が行方不明になり探し出したのは78歳のボランティアのおじいさんでした。65歳まで魚屋をやっていてそのあと世の中に恩返しをしようと雀の涙ほどの年金をやりくりし、一切他人から援助を受けずボランティアをしている人でした。見つけた子供の祖父からお風呂を進められても断ったという、すごいことです。東日本大震災の後でいろいろなボランティアが来ました。炊き出しをした石原軍団とか歌を歌ってくれた世界的な大歌手もいました。でも普通の人の素朴な働きが一番身に沁みます。ロータリークラブでさんざん学校に贈り物をしましたが最後はもらい慣れしていて向こうから要求が来てうんざりしました。ボランティアの基本はかわいそうだなです。素朴な感情の発露が根底になければ上げる方は売名行為、もらう方はたかりになります。

ねじり鉢巻きをしたいなせな魚屋さんは昔気質の日本人を想起させ、近頃めったにない爽快感を日本中に与えてくれました。長生きしてくださいね。心からそう思います。

この偉い人に国民栄誉賞をやれという声がネットにあふれていました。同感です。