先日ノーベルガイドによるインプラント治療を終えた方は、物凄いとしか言いようのない歯周病で抜歯をしたら骨の中が空っぽになってしまうような方でした。

もちろん直ぐにインプラントなんて出来っこないので、部分入れ歯をお使いいただいて4か月。歯肉の治癒も終わったのでノーベルクリニシャンで外科用ガイドを作成しインプラントを入れてみたいと思いました。ところがCT画像は内部も周りもまだ骨化が不十分でスカスカの穴だらけ。でも一部はできています。そこでインプラントは上下のしっかりした骨の部分に固定して、中間の骨が出来ていそうも無い所には自家骨を移植してメンブレンで覆うGBRを行い増骨することにして患者さんの了解を取りました。それから二週間後、ピエゾサージェリーやらボーンスクレーパー、吸収性メンブレン、チタン製タックなど骨移植に使いそうなものをすべて準備してオペに取り掛かりました。

ところが手術に入りますとシミュレーションした感じと違います。骨が固いのです。二週間のうちにかなり修復が進行し、大きな骨移植は全く不要になっておりました。嬉しい誤算です。そのため予定した時間よりかなり早く終わってしまい、スタッフともども「楽だったね~」という会話が漏れたほどでした。三か月後に二次オペを行いそれから一か月半後に上部構造は装着可能となりそうです。

わずか二週間の間にできた骨を見ると、生体は害を与えるものがなくなると本当に速やかに身体を修復するのだなとあらためて感じ入りました。また抜歯予定ですが残した二本の歯は歯周治療が功を奏して保存可能となりました。ゆめゆめオールオンフォーにこだわることなかれです。自分の歯は大事にしよう!

重度に進行した歯周病でした。

下顎は歯周補綴で上顎はインプラントで修復です。

外科用ガイドで安心安全に埋入できました。