母校の東北大学が世界の大学ランキング日本版で一位を獲得したことがわかりました。

明治時代にグラスゴー大学から教員を呼び寄せて作られた工業大学が始まりでしたが、

その後医学部や文化系学部を増やし総合大学として発展してきました。

昔から研究理念は泥臭い研究第一主義。

 

工学部は戦前から八木教授が引っ張りその後ノーベル賞にあと一歩だった西沢潤一教授や

たくさんの素晴らしい研究者を輩出してきました。

そういえば島津製作所の田中さんがノーベル賞に輝いています。

 

昔は特許庁の馬鹿な小役人のせいで特許の取得が出来ず西澤先生はノーベル賞を

アメリカの研究者に盗まれて先に出願され逃してしまったこともありました。

 

今の時代は愚直なだけではだめで国の支援が必要です・

アメリカはほとんどの研究に軍から膨大な資金が研究所に流れていますので

若い研究者でも機会を捕まえればよい研究がたくさんできるようです。

 

日本の科学研究は下り坂です。

よい研究には良い人材と豊富な資金が必要なのです。