3月2日から8日までアメリカのフロリダで行われた
世界で最も大きい学会の一つAO(アカデミー・オブ・オッセオインテグレーション)に参加してきました。

今回は抜歯即時インプラントの予知性や審美ゾーンでの成功の基準
そしてインプラント即時負荷の高い可能性などについて
突っ込んだ話を聞くことができました。

ポスターセッションでは各国の研究者の最新の研究成果をたくさん見ることが出来、現在のインプラント治療の流れを再確認することができました。

また業者展示ブースで日本では買えない外科用器具や骨造成用の材料の購入を行いました。

フロリダは大寒波で皆さんあわてて厚い上着を買い求めていました。
地球温暖化は怪しいですね?