時々これは無理かなと思える症例に出くわすことがあります。こちらの方は長い間の義歯の使用により顎の骨が絶望的なレベルにまで吸収し、神経がすぐ近くにある方でした。それでもノーベルクリニシャンでシミュレーションを行うとぎりぎりでストローマンの6mmのインプラントが入ります。慎重に手術を行った結果3ヶ月後には素晴らしいジルコニアの歯が入りました。上顎はひどい骨欠損でGBRにより骨造成を行っているところです。

マツモト ヒ01

マツモト ヒ02

マツモト ヒ03

マツモト ヒ08

口腔内写真とノーベルクリニシャンで作製した手術用テンプレート

松本博子下上部構造

下顎に6mmと8mmのショートインプラントが入りました。

上顎はGBR法で骨造成中です。