JRと地下鉄を乗り継ぎ、阿佐ヶ谷から四谷三丁目までやってきました。

最後はちいさな喫茶店で名前は「わたしの隠れ家」というお店。

 

飲み屋街にある赤い看板の狭い階段を上がるとコーヒーならぬみそ汁のにおい。

 

座ってすぐにご飯にしますかお茶にしますかと聞いてきます。

眺めるとカウンターの上におひつとみそ汁の入った寸胴がドカンとありました。

 

これはしまった、間違えたと思いましたがしょうがない。

沖縄のハーブティーを500円なりで頂き、淡谷のり子先生のシャンソンを

壁際に置いてあるサイコロキャラメルのような小さいスピーカーで聞き、

隣で一心にご飯を食べる数人の女性をボヤっと眺めて店を出ました。

 

お店でカンツオーネが好きだと話したら近くのライブを紹介してくれて、

入ったら運よくと言うか運悪く(笑)ちょうど始まる時間でした。

カンツォーネならぬ日本語で歌われる聞いたことのないシャンソンを我慢して聞き、

ミュージックチャージを大枚支払わされて帰ってきました。

 

都会は怖い。

ネットからいただきました。

こんな感じでたくさんのおかずがついていてほっこりする喫茶店ですね。

コーヒーではなくご飯を食べるところのようです。アットホーム。