知人はオーディオ業界に長くいた為かオーディオパーツへの造詣が深い方です。

昨日五味康佑も使っていた古いイギリスのスピーカーの分解修理が終わり

いい音になったので来てくださいということなので伺ってきました。

 

依頼したのは鶴岡で修理工房を営んでいるレリック社。

パイオニアにいた女性がチーフでしっかり修理をしてくれます。

 

外したスピーカーユニットは錆だらけの状態だったそうで写真も見せてくれました。

 

以前はこもった音だったのが抜けの良い音に変身していたので効果はあった模様です。

 

意外だったのが真空管時代のチューナーでレコードよりすっきりした音がしています。

中のパーツに真空管を物凄く使っているそうで故障が心配です。

でも故障も趣味の一部だと割り切れないと長続きしませんね。

 

ボンボヤージュ。