昨晩7年間可愛がっていた我が家の愛犬小春ちゃんが急に向こうの世界に行ってしまいました。夕方息が荒く、ハアハア行っているので心配になりいつもの動物病院に連れて行きました。私は家にお客さんが来るので先に帰り相手をしていたら家内が駄目だったと泣きながら病院のご家族とともに帰ってきました。肺水腫で肺に水がたまり呼吸ができなくなり死んだそうです。犬種はノーフォークテリアという犬で、くりくりした大きな目がかわいい人懐っこい犬でした。その前の犬が預けておいた犬の学校でケージから飛び出そうとして首の骨を折り死んだので、申しわけないと犬の学校の先生がくれた犬でした。雑種は15歳くらいまで生きますが、血統書つきの犬は近親交配や劣性遺伝の組み合わせで人間の好みに合うよういびつな改良をくわえられているので長生きしません。その前のシェットランドシープドックは蚊に刺されて目の上を腫らしていたのが面白く、目腫れチビと言って可愛がっていたのですがわずか3歳であっという間に死んでしまいました。警察犬のラブラドールレトリバーはやはり10歳くらいで亡くなっています。長生きするたくましい犬を飼うなら犬猫センターに行き保護されている可哀そうな雑種を飼うのが良いのかもしれません。今日知人が焼場に持って行ってくれてお骨にしてくれたので、落ち着いたらそういうところに次の犬を探しに行ってみようかと思っています。

こんな感じの可愛い犬でした。