仕事の後の一杯は何物にも代えがたいと言うことでこれから冷たいビールが美味しい季節ですね。

でも私は15年ほど前から知人のソムリエさんに勧められてワインの世界にすっかりはまりこんでしまいました。

それまではお酒と言えばビール一辺倒で、一人っ子だった私は父の晩酌のお供でビールを子供のころから飲んでいました。

当時はキリンビールでしたがその後アサヒスーパードライに替わりそのあとはロータリーで知り合ったサッポロビールの支店長さんに義理立てしサッポロ黒ラベルになりました。私は義理と人情の世界の住人なのです(^o^)/

でも暑い日のビールは確かに美味しいけれどすぐお腹がいっぱいになるのでそうは飲めません。

その点ワインはゆっくり香りの変化を楽しみながら飲めるので時間をかけてじっくり飲むには最適な飲み物なのです。

同級生には毎月奥様が料理を作りワインを楽しむ会を主催しているのもいますし、地下に凄いセラーを作った歯医者もいます。

私は書斎と廊下にワインセラーを置いて気に行ったワインを毎日グラス3杯というのが平均なところです。

好きなのはフランスのブルゴーニュ産のもの。

ピノノワール種と言う皮の薄いブドウで造ったワインで澄み切ったきれいな色の香りがえもいわれぬ魅惑的なワインです。

wine_20110619_01

wine_20110619_02

wine_20110619_03

毎日飲んでいたら人間ドックで血糖値が高いので注意して下さいと言われてしまいました。

でも不思議なことにその他の数値はすべて正常なのです。

特にコレステロールはむしろ低いくらい。

医者が”何か薬を飲んでいますか?血糖値が高いのに不思議だな・・・・”と言っていました。

たぶんフレンチパラドックスと言われるものでしょう。

赤ワイン中のポリフェノールには血管壁をきれいにする作用があるのです。

wine_20110619_04

酒は百薬の長ともキチガイ水とも言われています。

毎日適度なワインを飲み、糖質を少なめにし、軽い運動を続けることでいつまでも健康が保たれて行くことを願っております。

皆さまも毎日の締めくくりにワインを一杯いかがですか?