仙台の中央通りの一角にある古いビルの三階に二年ほど前に出来た

レコードを聴かせてお酒が飲める店があります。

 

名前がレコードばんざいというそのままずばりのお店。

店主は韓国人で奥さまが日本人の地方公務員の方です。

 

お世辞にもはやっているとは言いかねるお店ですが店主の人柄がいいので時折顔を見に寄っています。

仙台国際ホテルで洋食のシェフをしながら日本で中古のレコードを買い続けついに開店に至ったそうです。

 

店内は歌謡曲からロックまでおびただしい数のレコードがあり、

リクエストで探してかけてくれます。

 

最近レコードの音の良さに若者が目覚め、レコードプレーヤーの売れ行きが良いそうです。

美味しい食事も作ってくれますので一度行ってみてください。

武漢ウイルスで潰れてしまうには惜しいお店なのです。