浜の真砂が尽きるとも世に泥棒の種は尽きまじ、とは大泥棒石川五右衛門の辞世の句。近頃世間をにぎわしているスポーツ関連の不祥事はこれと似たようなものでしょう。日大の相撲取り上がりとどこから来たのかさえわからない怪しいボクシング協会の強面はいいお仲間だったようです。いずれも利権をほしいままにしてきた感のあるいわば泥棒家業と言えなくもないが真相は闇の中です。昔から相撲、プロレス、ボクシングは興行の世界のもの。地元のやくざにお伺いをたてなければ興行は打てません。戦いのあるところ博打ありですから、試合ごとに多くの金が動いていることは想像に難くありません。昨年はプロ野球で発覚しましたが、昔から野球賭博は有名です。ハンデ師と呼ばれる者が試合ごとにチームにハンデをつけ賭博を行うのです。亡くなったジャイアンツの牧野ヘッドコーチはこれのジャイアンツへの侵入を食い止めるため一方ならぬ努力をしたそうですから、極めて普遍的に行われていていまだに根が深い。あっちを摘発すればまたこっちとまるでもぐらたたきのように顔を出すのが反社会勢力です。ボクシング協会がすっきり膿みを出し切ってみんなに愛される団体になれるかどうか、国民が息をのんで成り行きを見つめているのです。

小指はちゃんとついてます。