今月半ばにシンガポールで購入してきた骨幅を拡大するマグネチックマレットですが、さっそく使う症例が出てまいりました。

今日のインプラントはノーベルクリニシャンで分析したところ臼歯部の骨密度が低く前歯部の骨幅が狭い患者さまです。

骨密度の低いところはバーによる形成を避けまれとにより骨を圧迫して密度を上げそのままインプラントを埋入することとしました。

また前歯部の骨幅の狭いところにはマレットで徐々に骨幅を拡大しナローインプラントをGBRせずに埋入することとしました。

magnetic_mallet_20131030

          マグネチックマレットを使用して埋入した口腔内画像

magnetic_mallet_20131030_02

ノーベルクリニシャンによるシミュレーションで前歯部は大幅な骨拡大が示唆された。

ノーベルの社員のS氏に撮影していただきながら手術を始めましたが短時間であっという間に終えることができました。

来月のアカデミーの例会でビデオを流しながら大信貿易さん提供の模型を使い会員に実践してもらう予定です。

バーを使わないので発熱や無駄な骨削除がなく、上顎の柔らかい骨には最高の治療ができます。

とんとマレットの音はしますが患者さんには振動がほとんどないためとても楽に手術ができます。

ニコニコ笑って当院を後にされました。

4ヶ月後に歯が入る予定です。

良かったですね。