2月9日から15日まで仙台ロータリークラブの姉妹クラブマウイロータリークラブを訪問してきました。

マウイロータリークラブは創立年度が仙台ロータリークラブと同じ1937年ということから1996年に姉妹クラブを締結しましたがその後互いに数度の訪問はありましたがあまり活発ではありませんでした。

今年台北の大龍恫ロータリーと友好クラブを締結するので海外クラブとの交流の機運が高まって、会長以下十数名で訪問しようということになりました。

ところが出発の日は数十年に一度という大変な大雪。

JRがめちゃくちゃになり東京駅からタクシーや電車を乗り継いで6時間もかかってやっと成田につきました。

東京に家がある会長のM氏は奥様とタクシーに乗りましたが大混雑で進めず結局予定の飛行機には乗れず翌日まで奥様と空港でひと晩おられキャンセル便を待ったが全く空きがなく残念ながら不参加となりました。

我々は会長とは別の航空会社だったのが幸いし4時間遅れでなんとか出発することができました。

マウイに着くとピーカンの快晴で暖かく2月なのに真夏です。

それでも前日までは現在雨季なので雨が数日降り続いていたとかで本当にラッキーでした。

マウイロータリークラブ訪問では前日にマウイの山の上にある元会長さんのロブゲストさんの別荘に行きハワイの雄大な自然を眺めながらの本当に賑やかなパーティーとなりました。

下を眺めるとカメハメハ大王の一族が住んでいたという場所が見わたすことができそこは神聖な場所で開発ができないのだということでした。

綺麗な滝が流れるなるほど神々が宿るような場所でした。

面白いのは山道の途中に野生のニワトリがいてマウイではよく見る光景だそうです。

しかも面白いのは親鳥と二羽のひよこの間にかわいい子猫がちょこんと座っていたのです。

ひよこを食べないのかなあ?とみんなで不思議がりました。

翌日のロータリー例会はハワイ大学のマウイ校の一室で行われ、卓話でハワイの先住民の占星術の話が聞けました。

すぐ横に調理場がある部屋で、次から次に料理が運ばれてきて最後の甘いケーキには皆さんダウン。

外人は食べるね~と感心しきりでした。

行く前にひどい風邪で高熱の私でしたが向こうの良い気候のおかげで風邪もすっかり治癒し健康になって帰りましたが帰ってみれば日本はまたまたの大雪!

JRが動かないので京成で上野まで来て上野で4時間遅れの新幹線に乗ってやっとこさっとこ仙台に帰ってきました。

帰ってきたらすぐに向こうからメールが入っており今度は皆で仙台に来たいとのこと。

大歓迎ですと返信しておきました。

英語の通じるところはいいですね。

来週は台北から37名の大集団が仙台ロータリークラブ訪問です。

皆さんエリートばかりで英語で会話できるのがありがたいです。今年も楽しい一年になりそうです。