昨日この三月まで同じロータリークラブに在籍していた大病院の院長と誘い合ってゴルフに行ってきました。

退職後に第二の職場に勤めたが以前と違い休みが多いらしく、奥様に今日は何曜日だとしょっちゅう聞くらしい。

その話を伺って心配になり「これはぼけそうだ!」と思い、会ってみたら意外に大丈夫でした(笑)。はは。

人間まあそう簡単にはぼけませんが、毎日激務をこなしたり大勢の人間と仕事をしていたのが急に暇になると、脳の思考回路が行き止まりになり新しい回路が出来にくくなりますね。

人は思考することで脳細胞が活性化されそのあふれ出る熱を放散するためと細胞の数を増やすために脳のしわが増えると思われます。

認知症いわゆる老人ボケの人のCTを撮ると見事にしわが無くなって容積も小さくなっている。

だから仕事は死ぬまで続けなければいけないし、本を読んだり手紙を書いたりは健やかに生きるための必須アイテムと言えましょう。

歯科医師は盲目にならなければ多少おつむが頼りなくなっても仕事ができるありがたい職業です。

若い時に希望通りに画家や漫画家になっていたら今頃青いビニールのおうちに住んでいたかもしれません。

母校の歯学部は今年創立50周年を迎えます。

この日曜日に祝賀会に出席し、皆と元気に仕事ができる喜びを分かち合って来たいと思います。

この歳になっても御指導いただくN 先生やK先生に深く感謝いたします。