7年前に九州の博多で始まったノーベルガイドプランニング教室ですが現在日本全国に14教室。

中村社綱先生の薫陶を受け、安全で安心なインプラント治療を全国津々浦々に広めるために私たち塾長は毎月教室を開催し初心者からベテランまで幅広く教えています。

昨日は昨年に引き続き第二回の全国合同カンファレンスを開催いたしました。

今回は各プランニング教室の若手塾生にインプラントの設計でどこに工夫をしたかを話してもらい塾長がそれを解説して会場とディスカッションを楽しみました。

会場は200人ほどの聴衆で一杯でこの会が順調に発展していることを思わせ感慨深いものがありました。

私のところからは鳴子の阿部先生が抜歯即時インプラントのガイド治療症例を出してくれポイントを押さえた治療で大変良かったと思います。

恒例の年一度の勉強会の研修旅行は今年は会場にいた静岡の白鳥先生のところにお願いすることにし御本人に了解をいただき帰ってきました。

白鳥先生はインプラントの骨移植の日本を代表する先生ですので大いに勉強になると思います。

その後は出来れば皆で9月のEAO(ヨーロッパインプラント学会)に参加し新しい知識をたくさん仕入れて来たいと思います。

転がる石に苔むさず。勉強している間は老いることはありません。

早く引退したE君。ぼけるよ。(笑)