トランプ大統領のツイッターにツイッター社から注意勧告が出た。

根拠のない話をするなということなのだろう。まあこれは当たり前の事。

 

でも先日SNSでさんざん非難され自殺してしまった若い女子プロレスラーには

SNSで運営会社から注意勧告も何もなかった。こうなるともう言われ損、としか言いようがない。

 

匿名での個人攻撃は2チャンネルやその他のソーシャルメディアで今や当たり前になっていて、

儲かるのはネットやスマホを利用されている通信会社だけでしょうか。

 

でも新聞をはじめとするオールドメディアはさらにひどい。

 

従軍慰安婦の嘘を垂れ流して日本の品位を貶めた朝日新聞や日ごろ政権攻撃に余念のない

毎日・東京の極左系新聞社は間違っていてもこっそり新聞の片隅に謝罪文を載せるだけで済ませている。

これが問題にならないのがおかしいしずるいと大多数の日本人は思っているが、カエルの面に何とか。

 

報道が紙媒体からデジタルの通信媒体になってもインチキは減るどころかますます増殖中だ。

 

もう一度学校教育で嘘はいけないよと教えないといけません。