今やインプラント歯科医院になくてはならぬ存在となったピエゾサージェリー。

ちょっとした骨のでっぱりの修正や大規模な骨移植にも大いに重宝しています。

 

今日のオペは術前に行ったノーベルガイドのシミュレーションでは

かなりな量の骨の修正が必要な症例と推察されました。

 

でも開けてみるとそれ程ひどくなく、斜面の修正で簡単に処置を終えました。

CTはあくまでも参考で真理は現場にありますね。

インプラントも用意してあった長さを少し変えて綺麗に埋入できました。

 

二度目の手術がいらない一回法で3iロープロファイルアバットメントを装着できましたので、

三か月後に印象採得を行いジルコニアの綺麗な歯が入ります。

 

本日は3iの営業さんが見学に見えたので、解説しながらの手術になりました。

 

もうすぐ3iの新しいピエゾサージェリーも使えそうでますます楽しみです。