昨日仙台ロータリークラブの仲間7人に加え東京恵比寿ロータリークラブの方も同行して津波で被災した野蒜地区に新しく開校した宮野森小学校に行ってきました。小学校でグランドピアノが欲しいということを聞き仙台から150万円、恵比寿から50万円を頂戴して200万円のヤマハのグランドピアノを体育館に寄贈出来たのです。新しい学校は住友林業の家が木製の素晴らしい校舎を設計して立ててくれました。天井が高く広い窓で囲まれた冷暖房完備の素晴らしい校舎です。新しい体育館に子供たちが集まって加藤登紀子が作った新しい校歌を歌ってくれました。小学一年生は可愛いですね。山の高台に建てられた立派な学校でいっぱい勉強して立派な大人になってくれることでしょう。

これが教室とは!びっくりです。木の匂いがとても良かったです。