bakanokabe_20110710_01

松本龍とかいう馬鹿が大臣面さらしてやって来た。

民主党の復興担当大臣の資格で。

やったのは地元被災地住民を小馬鹿にしたような言動と恫喝行為。

この男、地元福岡ではアンタッチャブルのゴロツキらしい。

ネットでは大赤字に悩む福岡空港の原因がこの男の親族に支払う

莫大な土地使用料(何とその額80億円!!)と言うことが書いてあった。

とんでもない食わせ者だ。

暴言がたたってあっという間の辞任劇となったが総理の任命責任は重い。
それにしても一体、この内閣は何なのだろうか?

選んだ国民のレベルだと言ってしまえば身も蓋もないのだがそれにしてもひどすぎる。

怒りで胃のあたりがキリキリ痛む毎日だ。

bakanokabe_20110710_02

養老孟司先生は人にはバカの壁があり互いを理解しあうのは不可能だと本に書いた。

それでも同じアフリカの一人の女性の子孫であるわれわれ人間はどうかして理解しあいたいと願う。

でもこの男や菅直人はバカの壁の厚さが我々の何倍もあって到底それを突き破ることは出来そうもない。
ネットにこんな詩が出ていました。
助けて、というと、知恵を出せと言う。

時間通りに行くと、遅刻だと言う。

恫喝だと言うと、どうかしてると言う。

何しに来たんですか、と言うと、何市が何市かわからないと言う。

こどもでしょうか。 いいえ松本です。
暖簾に腕押し、糠に釘。

どうにもならないことを昔の人はよくいったものだ。

養老先生。どうしたらいいですか?