昨晩、品川のノーベルバイオケア社でノーベルガイドプランニング教室の打ち合わせ会がありました。

全国をいくつかのブロックに分けてノーベルガイドのプランニング教室が立ち上がり、私も東北ブロックのまとめ役として中村先生にご指名いただきましたので教室の進め方の打ち合わせに出かけてまいりました。
ノーベルガイドは無切開の精密なインプラントが上部構造まで考慮して事前に正確に設計できる世界で最も進んだ診断用ソフトです。

先行する3-Dソフトとしてはマテリアライズ社のSimplantが有名ですが、こちらは設計には威力を発揮しても外科用のガイドの精度がもう一つという評判です。

ノーベルガイドも90年代に開発され2006年に発売されましたが最初はやはり様々な問題点を含んでおりました。

それでもさまざまな術式の改良などが施されたことで、いまでは十分信頼して使用するに足りるソフトへと変貌を遂げたのです。

新しいノーベル・クリニシャンと言うソフトも発売され、初心者にもますます使いやすいものになっています。
でもそうは言っても様々な使いこなしの術があるのは当然ですのでミスなく臨床に応用いただくために私たちインストラクターがお手伝いしていきたいと願っているのです。

ソフトを持ちながらお使いになっていない方やこれから導入を考えている方また技工に携わる方にもぜひ大勢ご参加いただきたいと思います。

第一回は7月30日です。

GPS機能を持ったインプラントを行うことで、早い、安い、うまいの牛丼診療を誰でも簡単に実行可能になると確信します。

月一回の予定で進めさせていただきたいと思いますのでお気軽にお声掛けください。