15日にノーベルガイド・プランニング教室を開催しました。今回の一例目は単独歯のインプラントには正確な位置決めが必要でそのために設計したガイドと骨移植の話です。二例目は全顎的な抜歯が必要で抜歯後に骨の安定を待ち10カ月後にオールオンフォーを行った症例、それに交通事故で大きく骨が飛んでしまった症例にいかに患者に苦痛なくガイドでインプラントを行ったかと言う3症例です。ガイドは安心安全なインプラント治療に無くてはならないツールですが、その価格の高さでまだまだ普及が遅れていると言えます。手術の正確さや術後の痛みや腫れが起きにくいことなど様々な利点があってもまだまだ普及には時間がかかりそうです。3症例の解説後に私のコンピューターに入っている患者さんのデータをもとに若い先生に設計の練習を行っていただきました。次回は4月です。

nobelguid_img_05

ノーベルガイドで安心なインプラント治療を