オールオンフォーを含む無切開治療には欠かせないツールとなったノーベルガイド。

リスクを極限まで下げる治療法として毎日大いに利用させていただいていますが、インプラント埋入においてそれ以外にも様々な活用法があります。
まずはサイナスリフト。

一回法で行うサイナスリフトには正確なインプラントの位置の特定が欠かせません。

サイナスリフトにばかり意識が行って適当にインプラントを入れると後で大変な目に会います。

実際の歯の位置がかみ合わせの反対側とずれてしまい力学的に不利な状況に陥ります。
インプラントは垂直的な力には強いのですが横方向の力に弱い。

そのためラジオグラフィックガイドを使用した綿密な計画が求められるのです。

また骨の吸収が非常に激しくインプラントと同時に骨造成を求められる時にも、埋入方向がわかれば歯槽頂からどれくらい骨造成すればいいのかが簡単に計測できます。

これで間違えずにGBRが出来るでしょう。

次回のノーベルガイドプランニング教室では症例を基にその辺をわかりやすく解説したいと思います。