中国が帝国主義化して久しいがバイデンは中国が尖閣諸島に武力行使しても構わないとする

わいろを受け取っていたと言う話が元ニューヨーク市長から出たようだ。

 

オバマの時に米国は北朝鮮や中国に甘い顔をして全く役立たずだったことが、

トランプになってよく理解されるようになった。

 

選挙戦中にバイデンは息子の中国わいろがらみのスキャンダルで本質が理解されたが

CNN,ワシントンポストをはじめとする左派系メディアは前回同様に

民主党有利のフェイクニュースを相変わらず垂れ流している。

 

今夜半にも大勢が判明し日本のために良い候補が当選するか否かがわかる。

 

独裁中国に厳しく拉致被害者に寄り添う姿勢を見せてくれた唯一のアメリカ大統領の

再選を日本人として期待する。

学はないが憎めないトランプさん。

日米のきずながこれほど強まったことはありません。