アメリカ大統領に世界をリードしていくにはどう考えてもふさわしくないトランプさんが美しいファミリーを引き連れていよいよ就任した。早速大統領令を連発して世界中の顰蹙(ひんしゅく)を買っているが、当の本人は蛙の面になんとかで気にもとめていないもよう。ツイッターで選挙戦通りの悪口雑言を垂れ流している。いずれ議会が弾劾裁判を要求してくるのは火を見るよりも明らかで、そうなったら共和党も乗ってくるのは間違いない。ただし共和党としては自党の大統領と言うこともあり最低でも一年間は何とか持たせたいところであろう。トランプ氏が違法な大統領令を散々垂れ流した後で頃合いを見計らって裏で民主党と手打ちをし、弾劾裁判にゴーサインを出すはずだ。その後でおとなしい副大統領を担ぎあげ旨くやるつもりでいることは想像に難くない。そうなるまでにトランプさんがこれではまずい、風向きが変わってきたと感じたら前言を翻して良い子になる可能性も無いわけではない。なんたって徹頭徹尾現実主義者だから。それがいつになるか。多分株価が大幅に下落するときだろう。イギリスの賭け屋はトランプ退陣の日をもうやっているんじゃありませんかね(笑)。一方我が国の安倍総理は村田レンホウさんの頓珍漢に助けられ支持率はますます上昇中ということでまことに御同慶の至りであります。