自院で作れるセラミッククラウンとして今や歯科医院の三種の神器となったセレックです。

昔のセレックは適合が甘くガタガタするので接着レジンでなんとか脱落しないように接着するのがコツだなどと言われた時期もありましたが、コンピューターの発達のおかげで今や適合はパーフェクトになりました。
難点としては一気に多数歯を作れないことでしたがこれもソフトの進化で解消され、大きなブリッジ以外は単冠なら何でも作れるようになりました。

今やオールセラミックは技工所でなく自院作成しかもチェアーサイドでの仕事です。
設計に少し時間をいただきますがクラウンを一個作るのに要する時間はわずか10分ほど。
その他にもCTと連動させてインプラント用のサージカルガイドも作れるしますます治療は精密に安全にきれいにできるようになるでしょう。
歯科医の勘と経験の時代から医療は確実に進歩しているのです。

いまにインプラント手術はすべて器械がやる時代が来るかもしれませんね。