セラミックのクラウンやインレーをその場で作れるドイツのセレックシステムを導入しました。

従来は歯を削り型を取って1~2週間後に技工所から帰ってくるのを待っていたものを、患者さんのそばで削り出しですぐ作ってしまうものです。

歯の形成後に口腔内の写真を付属のカメラで撮影し、データを画面上に出して適切なかみ合わせと隣の歯との接触圧をドクターが設定し切削器械に送信すると、瞬く間にセラミックスのブロックがきれいなクラウンやインレーに削り出され美しい技工物として出来上がります。
さっそく患者さんに毎日応用させていただいておりますが評判は上々です。

見た目は天然歯と見分けがつかず、適合もとても良いのです。

今まで技工所を通して作成していた間接作成のものに比べて精度が比較にならない!というのが偽らざる感想です。

出来上がった技工物を無調整でそのまま接着できるというのは夢のような出来事です。
患者さんも噛んだ感じがすごくしっくりして違和感が全くないとおっしゃっておられます。

金属を使わないのでアレルギーも全く心配がありません。

これからの歯科治療に無くてはならないものになっていくと思いました。

今までお世話になった技工所さんごめんなさい。
CTとセレックはこれからの歯科治療で三種の神器の位置を占めていくと思われます。