友人からメールがあり、室内楽の再生に大きなJBLのダブルウーファーのスピーカーではどうしようもなく

倉庫に置いてあった英国製の中型というよりは小型スピーカーBCⅡを鳴らしたら素晴らしかった!!

とありました。通常JBLではクラシックはならせません。キンキンかんかんいうだけ(笑)。

なじみのオーディオ店の古い店員さんも一度もいい音を聞いたことがないとのたまっています。

 

さて我が家でも活躍中のこのスピーカーは、箱は薄い板でお世辞にも高級感はありません。

でも出てくる音は一級品を通り越して至福の音。

これが英国流グッドリプロダクションというものでしょう。家庭で鳴らすには最良の音。

音ではなく音楽が聴こえてきます。

 

どかどか大音量で鳴らすロックやジャズには向きませんが、ことクラシックではこれに敵うものなし。

ノーブルとはこのことを言うのかと納得の製品です。

 

でも今では程度のいい中古品を探すのは至難の業。

クラシック音楽の愛好家はあちこち探してもぜひ手に入れておきたい名品です。

この気品はただものではない響き。

オーディオ史に輝く名品スペンドールBCⅡ。

この上に大型のBCⅢがあったがこちらはとんでもない駄作だった。

近所の変なドクターが持っていたが今は家を追い出されていない(笑)。