今回のEAOの学会のテーマはTreatment Planning in Implant Dentistry インプラント歯科学の治療計画です。

インプラントの成功を得るためにいかに最適な治療計画を作成するかに的を絞りリスク要因や上部構造への負荷のプロトコール作成に必要なものを世界の著名な研究者を招き徹底討論しました。
ショートインプラントに関しては当初機械研磨インプラントでは長いほうがいいとされていたものが表面性情の改良により両者に差はないということがはっきり示されました。

これにより従来は骨造成の適応であったものが付加手術をせずに済むようになり、治療期間の短縮化と患者費用の低減および合併症からの回避が得られるためインプラントをより安全に行えるようになりました。

私の所でもそれはすでに十分に実証済みです。

eao_20111107_performance

ショートインプラントの素晴らしい成績
インプラント即時負荷に関しては下顎ではほぼ満足な結果が得られ待時法と差がありません。

上顎は即時負荷が90%で待時法が95%とこれは議論の分かれるところだという結論でした。

移植材に関しては相変わらず牛のハイドロキシアパタイトからつくられたBio-ossが主流でしたが一面ではインテグレーションを阻害する因子でもあり議論の分かれるところです。

大メーカーの主催のサテライトシンポジウムでは各社最新の知見をもとに新製品のデモンストレーションを行っておりました。

eao_20111107_booth

ノーベルクリニシャンのデモを行っていたノーベルのブース
バイオメット3i、ノーベルバイオケア、アストラテック、デンツプライの講演を聴きました。

アストラでは新しいデザインのインプラントを面白く聴きました。

プラットフォームを傾斜させたインプラントです。

顎骨は必ずしも平たんではなく斜めのものもあるのでそれに対応したものを開発し骨造成の手間を省いた製品です。私も使ってみたいと思いましたが日本ではまだ未承認です。

eao_20111107_poster

ポスター発表の数々
また展示会場のブースの外れにポスター発表がありました。

これは世界中の研究者の発表の場となっています。

いくつもの興味深い発表がありこちらもメイン会場の発表に負けない内容が多かったです。

eao_20111107_lunch

学会の昼食時 バイキングです。

 続く