12日の夜インプラントアカデミーの例会が開かれました。講師は久しぶりに西村先生他。

 

西村先生の話で宮城選出の桜井充参議院議員がコロナに感染し、闘病記をブログに書いていたとのこと

それによると仲間5人で飲食店に行き、トイレを使った二人が感染したとのこと。

感染者が便器の蓋を閉じずに水を流した為に、菌が飛び散っていたのでないかとの推察です。

 

議員は医師ですので分析が科学的で理詰めですから信用できる。

 

トイレに入るときはたとえ小用であっても事前にアルコールで十分手の消毒を行い、

終わった後もしっかり手を洗いさらにアルコールで消毒をするのが良いとしています。

 

これから年末に街の飲食店を訪れる機会も増えます。

トイレは基本的に雑菌の巣であることを忘れてはいけません。

当院でも常にトイレのドアのハンドルは受付がアルコールで消毒しています。

立憲民主党では」望む医療政策が実現できないと離党しました。

医師の資格を利用して与党に入り政策を実現してください。