今朝インプラントの手術をさせていただいたのは古くからの患者さんです。昔から何度もインプラントをしていますが久しぶりなので死ぬ気で来たと仰っていました。本音でしょう(笑)。インプラントと自分の歯の間の狭いスペースに慎重に入れました。少し骨頂部の骨が足りなかったので一緒に造骨処置もやっておきました。術後のレントゲンではちょうど良いスペースにドンピシャでは入っていました。3ヶ月後に二次オペを行いその後ジルコニアの歯を入れる予定です。

患者さんの欠損状況は両隣在歯に挟まれて入れられるスペースがごくわずか。かろうじてインプラントができる状況でした。こういうときはガイドでももちろんいいのですがCTのシミュレーション画像を見ながら丁寧にフリーハンドでやった方が安全です。ガイドは作成過程でわずかなひずみが出るので信じすぎるのは危険です。直接目で確認しながら入れたほうが安心なのです。これは物凄い数の経験から来る絶対のものです。医療はという側面を絶対に外せませんね。医師はある意味で職人なのです。