ノーベルガイドはインプラントを精密に行うには今や無くてはならないツールだが、当然欠点はある。

まず作成に時間がかかること。診断からひと月かかる。それに少なからぬ費用が発生すること。

また間違って設計すればそのとおりにインプラントが入り大変なことになるがまあこれはあまり無いであろう。

臨床の場で良く遭遇するのは開口量、ひらたく言えば患者さんが口をあける大きさが不足し、実際に長い形成用バーが口腔内に入らないことであろう。

しかしこれはなんでもないことで、ガイド用の長いバーではなく通常使用するバーでガイドから形成し、その後ガイドを外してバーにストッパーをつけてやればよい。実に簡単。

インプラントで大事なのは深さと方向なのだがこれはガイドで規制されるため、最初のバーが決まれば問題はない。

また骨幅が微妙な症例は最初のバーを入れる際に歯肉を剥離するのもいい。

ガイドのずれは無視できないから粘膜指示型のガイドは石橋をたたいて渡るべきだろう。

ガイドをやらずにいろいろ文句を言う人もいるが実際使ってみればその有用さは手放せない。

小学生じゃないんだから、食わず嫌いは自分のためにならないと言うことです(笑)。

お試しあれ。