インプラントをやりたいのだがどうしても骨幅が足りずにGBRをやって造骨しなければいけないことがあります。そんな時もどれくらい造骨すれいいのかはノーベルガイドを使用することで簡単にシミュレーションが可能です。

20150515_guide_gbr

初診時の口腔内です。残根上の総義歯が入っていました。

20150515_guide_gbr02

            初診時レントゲン像

こちらの患者さんは長いこと残根の上に乗っけた入れ歯でつらい思いをされてきました。

良く噛めませんから栄養も十分に摂取出来ませんね。

そこでノーベルクリニシャンでインプラントの設計を行い不足したところには必要量の造骨をすることにいたしました。

20150515_guide_gbr03

ノーベルクリニシャンで設計し造骨も同時に行いました。

半年ほど完成にはかかりましたが今では美味しく食事を召し上がることができています。
良かったですね。

20150515_guide_gbr04

半年後に入れ歯の代わりに固定式の良く噛める歯が入りました。

20150515_guide_gbr05

          術後の完成時レントゲン像