増えすぎたレコードや書籍を別荘に運ぶために整理をしていると懐かしやカセットテープが出てきました。

お金のない学生時代の40~50年前にはFMのエアーチェックをして良く聴いたものです。

ソニーのウォークマンが大ヒットしたのも懐かしい思い出です。

 

働き始めて月賦で車を替えたらカセットデッキがついていておまけに録音機能もついていて

随分楽しませて頂いたものです。

でもいつの間にかテープ系のオーディオは廃れてしまい倉庫のごみになっていました。

 

今回出て来たものも埃だらけになっていた当時のものです。

 

恐る恐る家のデッキにかけてみるとあにはからんや腰のしっかりとした美音です。

ふらふらしたところがなく、オーと思わず声を上げてしまいました。それだけいい音。

 

生テープもたくさん出て来たのでこれからまた録音に挑戦したいと思います。

 

温故知新。

 

オーディオは昔を振り返るのもいいことですね。

スイス製最高級カセットデッキB215。

国産が3万円で買える時に35万円もした技術の粋を集めた逸品は今でも最高の音。

発売から30年経っても異常がないのは脅威。

スイスのものづくりの確かさが際立っていると言えます。