自宅で音楽ソフトを聴こうと言う人にはまずもって再生機器が必要ですね。

安直に聴こうと言う人にはラジオかヘッドフォン。

ヘッドフォンと言ってもばかにするものではなく耳の両側から聞こえて頭の中でオーケストラホールが

きちんと再現されます。

これをバイノーラル効果と言います。

 

量販店に行けば数千円から高い物では数十万円!までと千差万別ですが、

部屋中を満たす音のシャワーに浸れるわけではありません。

最近はやりのVR(バーチャルリアリティー)みたいなものです。

 

大概のお父さんたちは乏しい小遣いと家族の冷たい視線を気にしながら茶の間の片隅

あるいは狭い自分の書斎で我慢を強いられていますが、

ごくまれに恵まれた環境を自助努力で作り上げた人だけが家族に気兼ねなく

大音量で音楽を満喫できるのです。

 

昔、我が家に来たお役人は公務員で単身赴任ということで乏しい小遣いからアンプの部品を買い、

自分で組み立ててレコードを聴いていました。

自宅を都心に建てたと言うので奥様のいない時間を見計らって(笑)ご自宅に伺いましたが、

四畳半ほどの極めて狭い書斎に、所狭しと自作のオーディオ機器を積み重ね聴いておられました。

 

それを眺めながら、なんとなく鳥小屋で卵を産ませられている鶏のケージを思いだしました(笑)。

 

お父さんはつらい。

 

なので大学に残り薄給の教授職を目指さなくてよかったなあ、と心底思ったものです。

 

いいも悪いも自分の努力次第の開業医生活は、いろんなしがらみがなく自由で楽しいものです。

なんと355,300円也の高級ヘッドフォン。

でも長く掛け続けると耳に障害が出ます。